2016/10/07

ソーティマジック RD あるいは ソーティマジック LT

勝負シューズを何にしようか?って最近そればかり考えているんですが、

ソーティマジックもありかなって思うようになった。

多分、ソーティマジックでも RP とか SS ではちょっとキツイかなって思うんですが、

ソーティマジック RD あるいは LT だったら行けるかもしれないと思うようになった。

前はソーティスーパーマジック5 とか ソーティマジック PR2 で走っていたし(フルはおかげで撃沈したけど…)、

それを考えたらソーティマジックでも廉価版のRD はアウトソールがゴムでクッション性が多少あるし、

また価格が低価格なのも魅力的なんですよね。

ソーティマジック LT も試履きした感じはとても良かった。

って言うか前はソーティってワイドじゃないと履けなかったのに、不思議です。

自分の足が細くなったのか、ソーティのレギュラーラストの幅が若干広くなったのか、どっちかな?

でもやっぱり今回はタクミ セン ブースト 2 にしておこうかな。妙に気に入ってしまったし!

ソーティマジックだったら、手持ちのミズノ クルーズのオーダーシューズがあるから買う必要ないかな?のも思う。

ちなみにネットで検索してたらターサージールって11月に5(ファイブ)が出るみたいです。

ターサージール5、こいつはどんなシューズになって出て来るんですかね。

シューズについては、もう少し考えてみよう。

って言うか、お金ないしなァ…辛いなあ。

そして、もう一つ気がかりなコトが、自分の走力が納得できるレベルに仕上がっていないこと。

実は今日は30km走をやろうと走り出したんですが、1km4分ちょっとから4分半のペースで行ったら15kmしか持たなかった。

昨日もインターバルを含め22km走っているから疲れは残っていたと思うんですが、それにしても足が持たないのは気になる。

思えば今期に入ってから忙しすぎて25km以上続けて走った日が数日しかないんですよね。

大阪マラソンは去年もそうだったんですが、練習のつもりで走ろうかなぁ…

この調子でいったら3時間切るのはちょっと難しいよな。

せめて去年のベストの3時間8分くらいで行きたいけどなァ…


人気ブログランキングへ









2016/10/06

京都紋付の真っ黒なデニム!カッコイイなぁ

深夜テレビ見てたら「~オトナ度ちょい増しTV~おとな会」って番組で京都紋付の黒いデニムを紹介していた。

益若つばさが出ていたので見てしまったんですが、この黒いデニム、ちょいと驚いた。

黒いデニムって普通にあるけど、こいつはちょっと黒の度合いが違う。

サッカーの本田圭佑さんも愛用しているそうで、そのカッコ良さは半端ない!

京都紋付ってもともとは紋付などに使われる黒い反物の染めに特化した会社だったそうで…

1915年創業以来、日本の伝統産業である“京黒紋付染”によって黒だけを染め続けてきた。

その世界では一目置かれる会社だったみたいです。

糸そのものを芯まで黒く染め上げ、“深黒加工”と呼ばれるコーティングにより更に深く染める技術によってそのクオリティは実現される。

ただ最近は着物とかそんなに数出ないから、商売を広げるためにその技術を生かしたデニムを作った。

これがファッション業界で話題となり、今ではカバンとか他のアイテムも手掛けるようになったそうです。

今では外国のデザイナーなんかにも注目されているんだとか。

大正四年創業、京黒紋付染め一筋|株式会社 京都紋付

BLACK-WHY ブラックホワイ ブラック ジーンズ 黒 デニム

あと最近は染め直しなんかもやっているそうですので、ご興味のある方はアクセス!

株式会社京都紋付|洋服の黒染め・染め替え・染め直し

半端ない会社っていろんなところにあるんですね。やっぱり日本人ってスゴイ!


人気ブログランキングへ









2016/10/04

オートファジーってランナーにも関係する話かも?

東京工業大栄誉教授の大隅良典氏がノーベル賞を受賞されたことが話題になっています。

ノーベル医学・生理学賞です。

スウェーデンのカロリンスカ研究所は大隅良典氏の発見は、がんやパーキンソン病、2型糖尿病のような病気解明に役立っているとし、「細胞内でいかにタンパク質が再利用されるかを理解するうえで、新たなパラダイムに導いてくれた」と発表している。

受賞理由は、細胞内でタンパク質を分解し再利用する「オートファジー(自食作用)」の仕組みを解明した功績による。

日本人のノーベル賞受賞は3年連続で25人目です。

このニュースを聞いて思ったんですが、このオートファジーって我々ランナーにとっても重要な話かも知れないということ。

適度な空腹状態を作ることで細胞のオートファジーを活性化できるっていう話は最近流行りのプチ断食の根拠です。

断食をすることで一個一個の「細胞が若返る」として、その仕組みについて研究が行われている。

いわゆるアンチエイジングですね。

またこの適度な空腹状態というのはオートファジーを活発化すると同時に体内のミトコンドリアを活性化させエネルギー切れを防ぐ結果になる。

ここら辺の理論的なことはちょっと難しいので説明出来ないんですが、長距離種目のランナーはトレーニング中にある程度の頻度でこれに近い状態になる(フルマラソンなどのレース自体も)。

またその位、追い込んだトレーニングをしないと結果は出せない。

トレーニング理論としても、追い込んで極限状態をつくり体内のミトコンドリアを活性化させ能力を高めるということは言われている。

このミトコンドリアも含め細胞内のタンパク質を分解するのがオートファジー機能。

分解されたタンパク質は再利用される。

鶏が先か、卵が先か、みたいな話ですが…

オートファジーってとても身近な問題、というか自身の体の中の問題だったんですね。

大隅良典氏の研究内容もそんなによくは分かってないので、これから調べてみます。

功績としてはオートファジーを制御する遺伝子の発見ってことみたいです。

オートファジー自体は40年以上も前にすでにその作用が知られていたのですが、その過程に関係する因子が不明だったので機能解析が進んでいなかった。

大隅良典氏のグループは試行錯誤の末、1993年にAPG/ATG(オートファジー関連遺伝子群)を単離することに成功します。

その後、オートファジーの機能的研究がどんどん進んでいったということらしいのです。

ちなみにオートファジーは極限状態じゃなくても通常の状態で細胞成分の代謝に働いていることが分かっている。

本当に自分自身の体の中で今この瞬間も起こっていることなんですよね。

ランナーじゃなくても誰でもオートファジーのおかげなんですね。

でも自分なりに調べてみたんですが、処理するタンパク質はどのように分離されるのか(バルク分解系)とか理論的に分からないことが色々ある。

だって選択的に処理するんじゃないのなら必要なタンパク質も分解してしまう。

でも実際はそうはならないんですよね。

不思議ですよね?そこは制御されている…

また感染防御や細胞死、老化や細胞の発生にもオートファジーは関わっている。

ちょっと勉強してみたくなりました。

とりとめなく書いてしまったけど、的を得ていなかったらゴメンナサイ。

またここら辺のこと教えてくれる人いたらお願いします。


人気ブログランキングへ












2016/09/30

血液検査にありゃりゃ

8月末に受けた血液検査の結果にありゃりゃ?

肝臓に関わり値が高い!

AST 43
ALT 52
LD  315
CK  463

尿酸値が高い!

尿素窒素 21.9
尿酸  7.2

お医者さんはけげんな顔で「再検査しよう」と言う。

また余計な出費がかさむ…

しかも異常値の原因は思い当たるので、自分の中では異常ではない。

8月の後半はちょうど仕事のシフトが楽になったのでそれまでの遅れを取り戻そうとかなりハードなトレーニングを毎日続けた。

それでも仕事しながら毎日暑い中20km強の走り込みはかなりしんどかった。

睡眠時間もちゃんと取れていなかったので体にもそれ相当の負荷がかかっていたはずなのである。

本当のところはこの倍ぐらい走りたかったんだが、言ってもしょうがない。

そんな中で受けた血液検査の値がちょっと高いだけで再検査?

いい加減にしろ!事情も分からず無駄なことを…

自分としては睡眠時間が確保できなかったのは反省点だが、それだって生活の為にはしょうがなかった。

でも、ふと思った。

非常識なのは自分の方で、お医者さんは悪くない。

自分はトップアスリートでは無い。

その情熱と努力は他の人間から見たらなんと無意味なものだろうか?

でも自分は走り続ける。

まだもうちょっと頑張れる。

血液検査も無駄ではない。

ランナーにとって自分の体の状態が分かる血液検査はやっぱり必要。

でも、こんなことからも現実と折り合いをつけていくことの難しさを感じる。


人気ブログランキングへ






2016/09/28

そろそろマラソンシューズを新調しなきゃなのだっ!

マラソンシューズをそろそろ買わなきゃなって思っているんですが、どうしよう。

今、練習用に履いてるのはアシックスのターサージール4かターサージール3。

たまに記録会に出るときもこいつらで行くことが多い。

でも1シーズンずっとこいつら履いてるので、だいぶヘタってるしソールは擦り減ってるし、秋のレースにはシューズを新調したい。

でもって前から気になってるシューズがあるんですが、本番前にちょっと試してみたい。

mizuno【ミズノ】WAVE EMPEROR JAPAN ウェーブエンペラー ジャパン【J1GA167518】 メンズ ランニングシューズ 16SS

【アディダス】 adidas adizero takumi sen boost 2 【アディゼロ タクミ セン ブースト 2】[aq2440]メンズ ランニングシューズ 16FW

いまのところこの2つが候補です。

実はターサージールもイイ感じなのでターサージール4を新調してもいいんですが、ジール4はちょっと踵が重いかなって思っている。

タクミ セン ブースト 2 はブースト(boost)ソールと新素材のアッパーが意外と好評なのでどうかな?って思っている。

エンペラージャパンも試履きした感じは走りやすそうだったので、試してみたい。

本番前に1度か2度ぐらいは30kmぐらい走って相性を見たい。

反発性とか地面を蹴ったときの感触、安定性なども比べてみたい。

それと両方ともジールほど足に優しくはないと思うので、足にどのくらい負担がかかるのかも気になります。

自分は前足部にかなり衝撃がかかる走り方をするのでソーティなんかだとフルマラソンは辛いことがあるんです。

走り方は多少意識すれば変えられるかもしれないが、癖もあるのでそんなにすぐなんとかなるもんでもない。

だから試してみてダメならターサージール4って手もある。

でも全部買うことは出来ないから、タクミ セン ブースト 2 かエンペラージャパンかどちらかを買って試してみて、その後もう1足買うのがいいかな?

どっちにしても新しいシューズを買わなきゃなのだ。

大阪マラソンが10月30日なので、まずは1足!


人気ブログランキングへ









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。