ペース感覚ってやっぱり大切だなぁ!?

マラソン・陸上競技
10 /19 2016
ずっと使っていたエプソンのGPSランニングウォッチSS-710が無くなってから1週間が過ぎた。

どこで忘れてきたのか、あるいは落としたのか、とんと思いつかない。

トレーニングで走っていても、ペースが分からなくなってくるので辛いですが「本番どうしようか?」と心配になってきた。

自分は人よりもペース感覚が無くて、ずっとランニングウォッチ頼りだったので、ペース感覚が身に付かないで今に至ってしまった。

特に疲れてきてピッチが遅くなりストライドが狭くなってくると時計が無いと本当に自分のペースが分からなくなる。

まあ、SEIKOのランニングウォッチがあるので、なんとかなるんですが、だいぶ感覚的には違う。

それにSEIKOのランニングウォッチはSTEPの設定と違うストライドで走った時かなりデータが狂う。当然ですが…

本当にペース感覚って大切だなァって切実に感じているこの数日です。

本番のレース(大阪マラソン)では5kmごとのラップを目安に走ろうかなって考えています。

でも走りながらその瞬間瞬間にどの位のペースで走っているかは感覚に任せるしかない。

なので明日、長居公園で5km21分で走って感覚的にどんなもんか確認し直してみようと思う。

長居公園

お金もないから買い替えることも出来ず、「なんでこの大切な時期に無くすかなっ」って自分が嫌になる。

けど、良い方に考えれば、神様が「自分の感覚を信じて走りなさい」って言ってくれてるんかなって思ったりもする。

物事は良い方に考えた方がしんどくないし…っていい加減だけどね。


人気ブログランキングへ

次の2つは、上がエプソン、下がGARMIN(ガーミン)の最新モデルです。

どちらも心拍計測機能付き(しかもベルトじゃなくて、手首で計測するタイプ)

欲しいなぁ…






箱根駅伝の出場大学が決まりました。今更ですが…

マラソン・陸上競技
10 /17 2016
15日に第93回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会が東京都立川市で行われました。

その結果、本戦に出場する10大学は下記の通りとなりました。

大東文化大学
明治大学
創価大学
法政大学
神奈川大学
上武大学
拓殖大学
国学院大学
国士舘大学
日本大学

これにシードの大学が加わり年明けの本戦が行われます。シード校は次の通り。

青山学院大学
東洋大学
駒澤大学
早稲田大学
東海大学
順天堂大学
日本体育大学
山梨学院大学
中央学院大学
帝京大学

予選会は今年度も悲喜こもごもで、色々書きたいことはあるんですが今日は止めておきます。

また先週行われた出雲駅伝を見ての感想なども色々あるんですが、これも今日は書きません。

単純に時間がないので、今日はオヤスミナサイ。


人気ブログランキングへ



記録会に行ってきました。でも調子悪!

マラソン・陸上競技
10 /13 2016
ちょっと足を延ばして今まで参加したことのない記録会に参加してきました。

でも調子悪!

寝不足で、しかも前日までの練習の疲れも取れてない。仕事の疲れも…

アップの時に足に力が入らないから、もう今日は諦めようって思った。

しかしちょっとは収穫があったかな。

遅いなりにペースは作れたから、ちょっと成長を感じた。

今までは調子が悪くても最初から突っ込んで自滅するパターンが多かった。

何事も経験を積むとマシになっていくものなんだな。

吹田1小

写真は男子の3000mです。

自分は5000mだったので、この2つ後に走りました。

って、ブレブレで写真もよく分からないですよね。

スマホのカメラじゃ無理だよね。しかもiPhone5だし…

とりあえず大阪マラソンまでに出来ることはやろう。

インターバルもロング走も、あと2回ずつぐらい出来るかな。

ロング走は30km1回にしようかな。

やっぱり大阪は本番も練習だな、照準は神戸に合わせよう。

ちゃんと時間がとれるかな。

そろそろ仕事変えようかなぁ。

悩むなあ…

GPS付ランニングウォッチが無くなってしまったのはどうしようかな。

ロッカーに忘れたんかなっ


人気ブログランキングへ






シトルリンって効くかな?

マラソン・陸上競技
10 /07 2016
今日、シトルリンってサプリメントを買いました。

実はランナーズの11月号に紹介記事が載っていて、気になっていたのですが、つい買ってしまいました。

なんか最近話題になっているサプリメントらしいです。

シトルリンはキュウリとかスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸で体内で一酸化窒素(NO)を作り出す効果があるそうです。

一酸化窒素(NO)は心臓と血管の健康に欠かせない物質で、血管を広げ柔らかくします。

血管が広がり柔らかくなると「血のめぐり」が良くなり、酸素や栄養素が体の隅々まで行きわたるようになります。

いわゆる動脈硬化の反対ですよね。

ランナーにとっては、酸素や栄養素の輸送量が増えるってことは、運動耐容能(運動負荷に耐えるために必要な呼吸や心血管系の機能)の向上が期待できるってことで、楽に走れるようになるってことです。

また疲労の原因物質のアンモニアの分解を促進する効能もあるそうです。

一般的にはアンチエイジングや生活習慣病予防のために、またむくみ予防や美肌などの効果を期待して用いられているそうです。

肩こりや冷え性なんかにも効くと言われています。

男性の場合、筋力増強とか下半身対策で服用する方もいるそうですが、ここら辺はどれ位効果があるか分かりません。

精力剤と間違えている方もいるみたいですが、あくまで血管を広げる効果があるってだけなので、勘違いしないようにしたい。

まあ精力剤のような製品に成分として含まれている場合もあるので、他の成分と一緒に用いた場合効果があるのかも知れないが…

ダイエット目的で用いる場合も同じで、飲んだだけでは効果はあまり無いかも知れません。

しかしランナーにとってはとても良いサプリメントのように思います。

アルギニンとセット(シトルリン1対アルギニン1)で摂取すると体内で一酸化窒素(NO)が効率的に作られ即時的な効果が期待できるそうです。

今のところ副作用などの情報は無いが、降圧剤を飲んでいる方などは相乗効果で血圧が下がりすぎてしまうかも知れないと言われています。

またシトルリン血症の方は服用を控えた方がいいです。

そのほか、健康上の問題を抱えている方、体調のすぐれない方はお医者さんに相談してから用いた方がいいかも知れません。

摂取量の目安は1日800mgとされています。

補足としては、シトルリンは食品から摂取する量は少ないが、アルギニンは肉類や大豆食品にかなり含まれているので、気を付けた方がいいです。


人気ブログランキングへ












改めて30km走を実施!ちょっと安心?

マラソン・陸上競技
10 /07 2016
昨日は調子が悪かったから諦めた30km走ですが、改めて今日実施しました。

今日はペース設定を遅めにして30kmの距離をちゃんと最後まで走ることを考えました。

「ペースは5分/kmで行こう」自分に言い聞かせて走り始める。

コースがロードと言っても起伏が激しく6~7割はクロカンみたいなコースなので足への負担も大きい。

昨日の走り始めのペースは4分/kmだったので、平坦なコースで3分台で走るのと同じ位のダメージがあったはず。

昨日の結果を踏まえ今日は慎重にペースを抑えて進んだが、それでも4分40秒/km位まで上がってしまう。

昨日行けなかった峠道まで足を延ばしたが、14km過ぎの上り区間も4分50秒/kmで行けた。

下りは4分16秒/kmまでペースが上がったが、その後も4分30秒/km位で25km過ぎまで行けた。

最後の5kmはちょっと辛かったがペースが落ちることはなかった。

結局、今日の30km走は2時間21分45秒、平均ペース4分43秒/kmでちゃんと走り切った。

累積上昇高度374m、累積下降高度395mってデータを見て改めて難コースだなって感じた。

このコースでこのペースだったら、本番は4分30秒/km位で行けるかも知れない。

42.195kmを4分30秒/kmで行けたら3時間10分。

昨日はやはり最初から飛ばしすぎたのが良くなかったんですね。

でも今日の結果に安心すると同時に「もうちょっとスピードを付けないとなぁ」と実感しました。

大阪マラソンはあと3週間だから無理かも知れないが、11月の神戸マラソンにピークを合わせることは出来るかも?

ちなみにターサージール5ってやっぱり本当に出るんですね。

写真を見ると踵が厚くて重そうな感じがするけど、どうなのかな。


人気ブログランキングへ