スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿素窒素の値が高いのが気になる

日記(雑記)
10 /03 2017
この前受けた血液検査の結果をもらってきたのだが、ちょっと気になっている。

尿素窒素の値がちょっと高いのだ(25.8mg/dL)。

基準値は8~21mg/dLぐらいだから、どうってことはない。

でも脱水症状ではないから、疲れているかタンパク質が多いかどちらかだと思う。

どっちかは分からないのだが、トレーニング内容と栄養摂取の状況をもっと考えた方が良さそうだ。

マラソンのトレーニングってかなり内臓に負担がかかる。

特に肝臓や腎臓にはかなりの負担がかかっているはずなのだ。

食生活も気を付けないとタンパク質を取りすぎていることが多いように思える。

日に30kmとか40km走っているとその後に検査を受けるとCK(クレアチンキナーゼ)の値が800U/Lとかすごいことになっていることもある。

そんなときは肝臓とともに腎臓にもかなりの負担がかかっているはずなのだ。

これはレース(フルマラソン)の時もそうだが、普段のトレーニングもかなり気を使う。

かと言ってトレーニングは休むことが出来ない。

体が完全に回復するのを待っていたら走力が落ちてしまう。

だからトレーニングを頑張ったら同時に体を休める。

一番なのは睡眠をちゃんと取って食事も栄養に気を付けること。

でもこれって気を付けていても出来ないことも多い。

仕事が忙しいと睡眠時間は不規則になるし、時にはお酒を飲んで酔ってしまうこともある。

しかし、こういうコトが続くとトレーニングにも影響することになる。

特に自分などは酔うまで飲んだ次の日はどうにもタイムが上がらないことが多い。

夏場は汗をかくので貧血の症状が出やすいし、貧血って回復に時間がかかるからトレーニングも内容が変わってくる。

肝臓や腎臓がダメージを受けると倦怠感が抜けなかったり筋肉痛やコリが取れなくなったりするので、これもトレーニングが変わってくる。

時には体が浮腫んで体重が増えたりもする。

そして疲れている時は免疫力が低下しているので風邪をこじらせたりし易くなる。

最近、ネットでニュース記事を検索していたら、腎臓はすべての内臓のコントロールタワーみたいな臓器なんだって話があった。

前からマラソンでかなりのダメージを受ける臓器だって話は聞いていたのだが、この記事を読んでからすごく気になっている。

今って季節の変わり目だから夏の疲れが出てくるし、もっと体を労わろうかな?

今後のこと考えると、もっと腎臓のこと勉強して詳しくなろうかな?


人気ブログランキング






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

腎臓の疲れをとる! [ 川村哲也 ]
価格:899円(税込、送料無料) (2017/10/3時点)














スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/kBFKJk
でブログをやっているあゆといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。