日本が弾道ミサイル防衛を進化させる日

日記(雑記)
09 /12 2017
日本の防衛予算は増えてはいるが、アメリカや中国とかと比べたらとても少ない。

G8諸国の軍事費がGNP比で2%から5%程度であるのに対して日本の防衛費はGNP比1%程である。

それでもアメリカ、中国、フランス、イギリス、ロシアに次いで世界第6位である。

防衛費1%枠はアメリカ政府からの圧力を受けて撤廃されたが、それでも1%を超過するのは僅かだ。

この現状は装備の充実を図る点でも問題だが、もっと言うと開発や研究などに当てる予算が限られている。

しかし、そんな中で日本は最近SFの中に登場するような未来兵器の研究・開発を真剣に進めている。

それはアメリカなどでも最近実用化が近いと言われている高出力レーザー兵器とレールガンという最先端の技術です。

高出力レーザー兵器については2013年~2015年(平成27年)に技術研究本部および防衛装備庁内で試験が行われる予定となっていたが、その後の進捗はいかに。

また最近、阪大がすごい性能の高出力レーザーを開発していて、これは実験用だったんですが、レーザー砲にしたらスゴイの出来るよなって思いました。

レールガン(電磁加速砲)についても防衛省は研究開発予算をもう組んでいる。

これはアメリカの開発状況を見ながらこれから先の交渉を有利に持っていくため自らも開発した方がいいとの理由だったみたいですが、技術的には日本もかなりのレベルになっているそうです。

この2つの技術はともに弾道ミサイル防衛に使えるもので、実際に装備化が進んだら日本は北朝鮮や中国の弾道ミサイルも怖くなくなるかも知れない。

レーザー兵器については弾道ミサイルがブーストフェーズ(上昇中)にある段階で照射して撃ち落とすことを考えているみたいです。

これが出来ればロフテッド軌道を飛ぶミサイルも軌道に乗る前に撃ち落とせます。

と言うか、ミサイルがどんな軌道を飛ぼうともレーザーは光の速度で目標に達するので、射程と威力が相当のモノならミサイルを撃ち落とせます。

まあ、これが出来れば防衛のために敵基地攻撃など考えることも無くなります。

またレールガン(電磁加速砲)は電磁石のエネルギーを利用して弾体を発射するもので、その弾体はマッハ7以上のスピードで飛ぶそうです。

またその射程距離は200kmと言われています。

しかし問題はともにそのエネルギーに電力は使うわけですが、膨大な電力を一気に使うのでその電力源が必要なこと。

そしてレールガンに関してはその耐久性などに疑問を持たれている点も問題です。

しかし今のミサイル防衛システムの欠点を補って余りある性能を実現できる可能性が大いにあります。

他に考えられる技術には電磁パルス砲などもあります。

これは先日、核爆発を利用した電磁パルス攻撃がニュースになりましたが、同じように指向性を持った電磁波を目標に照射して破壊もしくは無力化してしまうモノです。

これらの技術が成熟する未来には日本は弾道ミサイルの脅威に脅えて暮らすことも無くなるかも知れません。

そんな日が早く来ることを願います。

しかし、こんなモノに金をかけることが無いような世界になるのが一番いいのは言うまでもないけど…


人気ブログランキング










[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弾道ミサイル防衛入門 新たな核抑止戦略とわが国のBMD
価格:1944円(税込、送料別) (2017/9/12時点)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント