スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽フレアの影響やいかに

日記(雑記)
09 /09 2017
太陽フレアは太陽における爆発現象。

太陽面爆発とも言われる。

フレアが発生すると、多くのX線、ガンマ線、高エネルギー荷電粒子が発生し、高エネルギー荷電粒子が地球に到達すると、デリンジャー現象、磁気嵐、オーロラ発生の要因となる。

大規模な太陽フレアの発生は地球上の衛星、無線通信などに悪い影響を与える。

6日に発生した“太陽フレア”により放出された荷電粒子は8日午前中から地球に到達し、磁場の乱れが観測されているそうです。

情報通信研究機構はこの現象のピークは過ぎたものの、太陽活動は引き続き活発で、新たなフレアの発生も考えられることから「今後、数日間は警戒が必要だ」と言っている。

実際、9月7日にもかなり大きな太陽フレアが発生しているようです。

今月に入って中規模や大規模なものが複数回発生し、このうち日本時間の6日午後9時前のモノは2006年以降起きていなかった大規模なフレアだった。

この太陽フレアのせいでGPSのデータも通常の誤差に加え数メートルほどの位置情報のずれが生じている。

無線通信の分野に影響が出る可能性が指摘されていたが、携帯電話大手3社のNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクによると、これまでのところ、携帯電話の通話や通信への影響は確認されていないとのこと。

なお、9月9日にミサイルの打ち上げを予定していた北朝鮮はこの打ち上げを延期したかも知れません。

ネクシアル・リサーチの航空宇宙コンサルタント、ランス・ガトリング氏が「金正恩朝鮮労働党委員長は太陽フレア発生中の発射によってデータや装備が失われるのを懸念して発射を控える可能性がある」と指摘しています。


人気ブログランキング


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

天文年鑑 2017年版 [ 天文年鑑 編集委員会 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/9/10時点)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。