タクミ セン ブースト 2 (takumi sen boost 2)で走ってみた!

マラソン・陸上競技
10 /26 2016
アディダス タクミ セン ブースト 2 (adidas adizero takumi sen boost 2)で走った!

もう日にちが変わってしまったので昨日のコトだが、夕方、長居公園に行って新しいタクミ セン ブースト 2の試走をしました。

相変わらずキツいな、前足部は大丈夫かなぁ…

不安を感じながらまずは5kmほど4分半/kmのペースで走ってみる。

実は時間的にロッカーが開いてなかったので、5kgほどのバックパックを背負って走った。

だからこれ以上ペースを上げられなかった。

18時になりロッカーが開いたので荷物を預け、再度走ってみる。

今度は4分/kmのペースで5km走ってみる。

最初、親指のところが当たる感じがして嫌だなぁと思ったが、じき収まった。

親指が大丈夫になったら、今度は中指、薬指、小指が窮屈な感じが気になってしょうがない。

しかし、ちょっと窮屈かなって感じるだけで、それ以上指が当てって痛くなるとか、そんなことはない。

もともと指の前にはアソビがほとんど無く、これがジャストフィットの状態なのかな…と思った。

が、3kmぐらい走ったあたりから、踵が浮く感じが気になりだした。

ヒールカップが自分の足に合っていないのかな?それとも自分の走り方のせいかな?

考えたが、足のサイズのせいもあると思い当たる。

このシューズのサイズは26.0だが、自分の足のサイズは25cmなので、これだけ前が当たるってことは後ろが余っている。

どちらにしても、踵がスカッ、スカッて抜けるような感じは最後まで気になった。

これはもっと靴紐をキツク締めるか、厚手のソックスを履いてフィットさせるか、方法を検討しよう。

しかしシューズのサイズ自体は26.0で正解で、25.5ではキツクなるんだよな…

難しいところです。

でも痛くならないのは、アッパー素材Mim-Lite MESH X(ミムライト メッシュ クロス)が柔らかく足を包んでくれているからなんかな?

オーダーシューズではないからジャストフィットなんて無いよなぁ。

というコトで、サイズをこれで大丈夫かなって思う。

10km走っただけで判断するのはちょっと早急かもしれないけど…

他の点で気づいたこととしては、グリップ感が半端ない。

前足部はもちろんのこと、ヒール部のトレッドもしっかり体を進めてくれているのが分かる。

ブーストフォームの反発性とクッション性もさすがと言うしかない。

これだけ反発力がありながらこんなにソフトでいいんかな、ちゃんと反発してくれてんのかな?

このぐらいの軽いシューズで、これだけ足にダメージは感じないってスゴイ。

この感じも今まで体験したことのないものかも知れない。

ターサージールの方が固いかも…なんて思ってしまった。

実際そうじゃないかな?

もし他のシューズと比べるとしたら、ミズノのエンペラージャパンを比べたいなぁ。

これは42.195km走ってどんなもんか試してみる価値アリかもね。

と言うか、楽しみになってきました。

今日はタイムを計んなかったので、全力走ではなかった。

大阪マラソン終わってからタイムトライアルでもやろうかな。

シューズ1

シューズ2

シューズ3

シューズ5

シューズ4


人気ブログランキングへ









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント