シトルリンって効くかな?

マラソン・陸上競技
10 /07 2016
今日、シトルリンってサプリメントを買いました。

実はランナーズの11月号に紹介記事が載っていて、気になっていたのですが、つい買ってしまいました。

なんか最近話題になっているサプリメントらしいです。

シトルリンはキュウリとかスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸で体内で一酸化窒素(NO)を作り出す効果があるそうです。

一酸化窒素(NO)は心臓と血管の健康に欠かせない物質で、血管を広げ柔らかくします。

血管が広がり柔らかくなると「血のめぐり」が良くなり、酸素や栄養素が体の隅々まで行きわたるようになります。

いわゆる動脈硬化の反対ですよね。

ランナーにとっては、酸素や栄養素の輸送量が増えるってことは、運動耐容能(運動負荷に耐えるために必要な呼吸や心血管系の機能)の向上が期待できるってことで、楽に走れるようになるってことです。

また疲労の原因物質のアンモニアの分解を促進する効能もあるそうです。

一般的にはアンチエイジングや生活習慣病予防のために、またむくみ予防や美肌などの効果を期待して用いられているそうです。

肩こりや冷え性なんかにも効くと言われています。

男性の場合、筋力増強とか下半身対策で服用する方もいるそうですが、ここら辺はどれ位効果があるか分かりません。

精力剤と間違えている方もいるみたいですが、あくまで血管を広げる効果があるってだけなので、勘違いしないようにしたい。

まあ精力剤のような製品に成分として含まれている場合もあるので、他の成分と一緒に用いた場合効果があるのかも知れないが…

ダイエット目的で用いる場合も同じで、飲んだだけでは効果はあまり無いかも知れません。

しかしランナーにとってはとても良いサプリメントのように思います。

アルギニンとセット(シトルリン1対アルギニン1)で摂取すると体内で一酸化窒素(NO)が効率的に作られ即時的な効果が期待できるそうです。

今のところ副作用などの情報は無いが、降圧剤を飲んでいる方などは相乗効果で血圧が下がりすぎてしまうかも知れないと言われています。

またシトルリン血症の方は服用を控えた方がいいです。

そのほか、健康上の問題を抱えている方、体調のすぐれない方はお医者さんに相談してから用いた方がいいかも知れません。

摂取量の目安は1日800mgとされています。

補足としては、シトルリンは食品から摂取する量は少ないが、アルギニンは肉類や大豆食品にかなり含まれているので、気を付けた方がいいです。


人気ブログランキングへ












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント