アントニオ猪木氏が北朝鮮を訪問

政治・国際情勢
09 /06 2017
アントニオ猪木氏が北朝鮮を訪問

このタイミングで訪朝することに内外から批判もあったが彼は彼。

「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない。私はスポーツ交流を基本にやっている」と述べたそうだ。

本当にギリギリのタイミングでの訪朝なので、ひょっとすると北朝鮮は次のミサイル発射を思いとどまるかも知れない。

しかしアントニオ猪木氏がアスリートとしてどんなに偉大な人だとしても、彼ひとりの行動が北朝鮮に方向転換を決断させるようなインパクトはもたないでしょう。

もしそうなったら本当にウルトラCでしょう。

空港で「包丁一本 さらしに巻いて 旅へ出る…」と歌って見せたと言うが「包丁」と「訪朝」をかけたダジャレだったのでしょうか。

しかし彼が言うように「ドアを全部閉めたらダメ」というのは一理あります。

どんな時でも接点は無いと、相手の声が聞こえなくなってしまいます。

北朝鮮は韓国とともに昔は日本の一部だった国ですから、日本はアメリカの顔色を伺うのもいいけど独自の外交をやらないと。

そういう意味では今の政府もアントニオ猪木氏を(表向きには言わないけど)応援しているはずです。
(後日情報を精査した結果、日本政府がアントニオ猪木氏の行動を応援するようなコトはないと結論が出た。アントニオ猪木氏は北朝鮮側の思惑に乗せられているだけであると思われる)

7日に北京から平壌へ出発し、11日に帰国する予定で、滞在中は朝鮮労働党幹部ら要人との会談を調整しているという。

猪木氏は、北朝鮮側に何を伝えるかについて問われ、「表で言えない政治の世界がある」と具体的な言及を避けたそうです。

ちなみに今回は北朝鮮側から9日の建国記念日に合わせて招待を受けたそうです。

昨年も同時期に訪朝し、滞在中に5回目の核実験が行われたという過去があるので、北朝鮮側はまだ戦端を開くつもりはないのでしょう。

しかしアメリカがちょっと出鼻を挫かれたかも知れないとは思う。

そんな意味では評価が分かれるアントニオ猪木氏の今回の訪朝です。

9月9日はさすがに無いと思っていたが11日あたりは危なかった。

だからアントニオ猪木氏が何かお土産を持って帰ったこなかったら9月11日以降はアブナイ。


人気ブログランキング



スポンサーサイト

今、世界のキーマンは安倍首相

政治・国際情勢
09 /06 2017
ニュースを見ていて、北朝鮮有事は第三次世界大戦の引き金かもなんて嫌なことを考えてしまった。

今までもかなりいい加減な記事を投稿してきたので、勘弁してくださいね。

でも今の状況があまりにも危険なので、こんなコトも考えてしまう。

自分は当分は今の平和な生活を送りたいので、戦争なんて起きて欲しくない。

でも世界の動きはとっても危険な方向に進んでいるように見えます。

テレビで放送される報道などでは本当の情報など手に入らないので一般の方々はこんな心配はしていないはずですが…

北朝鮮とアメリカの今の緊張関係は今後、もっと大きな世界大戦へと発展しかねないリスクは伴っています。

ニュースでは「9月3日、北朝鮮が水爆実験に成功」などと騒がれている。

それと同時に、新たに“電磁パルス攻撃”なんていう脅威があるといわれ始めています。

このような今報道されている情報だけを分析しても近日中に次の動きがあるであろうコトは予測できます。

9月9日は北朝鮮の建国記念日なので本当はこの日がXデイなのではと言われていたのです。

ですから北朝鮮ももっと動いてくる可能性があるし、アメリカが攻撃に踏み切る可能性も出てきた。

ここまでくると日本もアブナイって話がいよいよ現実味を帯びてきます。

しかし、日本が戦争に巻き込まれるってコトは世界的にも大きな出来事ってコトなんですよね。

北朝鮮をアメリカが攻撃するだけなら世界の他の地域の人たちも「またか…」って感じで受け止められるかも知れない。

でもその戦争の結果、日本にまで被害が出ると本当の意味での大問題ってコトになる。

ここのところは当の日本人は感覚的に分からないかも知れないけど実際そうなのかなと思います。

金融市場に与える影響も大です。

基地がある沖縄や岩国、三沢、横須賀などは本当にアブナイ。

もちろん、東京も同様です。

だから、自分などから見たらこのような土地でミサイル攻撃の避難訓練とかもっとやってもらいたいし、シェルターぐらいちゃんと作っておいた方が良かったのにって思ってしまう。

今のところ日本海にイージス艦がどのくらいいるのか分からないけど、ミサイルの撃ち損じが無いことを祈ります。

というか、その前に米軍が徹底的に北朝鮮を叩いて日本を攻撃なんて出来ないようにして欲しいものです。

もちろんアメリカはその点はよく考えているはずなのでやってくれると信じたいですが…

ここまでは予測のつく範囲の話です。

電磁パルスの話もあまり心配はしていません。

もちろん何発かはその為の最新の核ミサイルはあるかも知れないが、アメリカはそこは把握しているはずです。

この数10発のうちの数発が日本上空で爆発しても(それ自体がわずかな確率)日本の主要都市に電磁パルスの影響が及ぶことはないであろうと考えます。

もちろん可能性はありますが、信じたくないと思ってしまう。

これは北朝鮮のブラフなのだと思うのであります。

それよりはサリンを積んだスカッドやノドンの方が現実問題怖い。

しかし、自分が今心配しているのはそんなコトではなくて、朝鮮半島有事が起こったら、その後のコトが見えない点です。

日本にとって大変なコトなんだから、韓国とか中国、ロシアなどにとっても大変なことです。

そしてこれらの国には色んな思惑があると思われます。

まず北朝鮮の現指導部を倒したら、その後の北朝鮮の統治・管理を考えないといけないですが、アメリカがそこのところをどうしたいのか全然わからない。

同じく中国やロシアがどう考えているのかも分からない。

これらの大国がこの北朝鮮有事をきっかけにして軍事衝突をするようなことがあると大問題なのですが、その可能性もあります。

ロシアは歴史的にも南下したがっているので、戦後統治に口を出してきかねません。

ロシア軍は実際、最近そのような動きもしています。

また中国にはこの機に乗じて日本の尖閣諸島を奪取しようという動きもあるそうです。

こちらもアメリカと、あるいは日本の自衛隊との衝突が懸念されます。

そんな意味が北朝鮮はもっと大きな第三次世界大戦の引き金になる可能性があるのです。

ただ今のところロシアも中国も大きな戦争を出来るような余裕がないのでそこまで心配する必要はないかも知れないけど…

しかし利害関係のバランスがどうなるか事態を見極めないといけません。

だから安倍首相とロシアのプーチン大統領が明日ウラジオストクで会談する際にどんな話をするのか興味があります。

ロシアはアメリカの強硬路線に異議があるようなので、安倍さんが本音を聞き出すとともに連携していける余地があるか確認して欲しい。

この安倍首相の動きには他の国からも期待がかかっているようなので、有意義な会談にして欲しい。

安倍さんはアメリカのトランプ大統領とは電話会談を最近何度もしてるし、ドイツのメルケル首相とも電話会談しています。

イギリスのメイ首相とも先日会っています。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とも対応を協議しています。

これらを踏まえてプーチン大統領と腹を割って話を出来るはずなのです。

今、世界のキーマンは安倍首相です。


人気ブログランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。