女子マラソン元日本代表選手 万引き容疑で逮捕

日記(雑記)
08 /22 2017
残念な話ですが、また陸上競技経験者が犯罪に手を染めて社会的非難を浴びる結果になっています。

女子マラソンの元日本代表だった原裕美子容疑者は高校卒業後、京セラに入社し陸上競技を続けていましたが、高校時代から粘りの走りが特徴だったようです(容疑者と書くことにちょっと抵抗感があるなぁ…)。

といっても当時の記録があまり無くてあまり詳しくは分からないんですが、1999年の日本選手権の1万mに出場して9位になっています。

記録は33分13秒99と平凡なタイムに見えますが、高校生の女子でこの記録はちょっとスゴイ。

1999年というと彼女が高校3年の時なのですが、高校生の女子で1万mって陸上知ってる人なら分かると思うが出場するだけでも凄いこと(最近は成長期のこの年齢の女子にこの距離をやらせることに異論が多い)。

この記録は今でも高校歴代4位の記録です。絹川愛さん、市橋有里さん、増田明美さんに次ぐ4位(最近はみんな5000mまでしか走らないからな)。

ちなみに同じ1999年の女子高校駅伝では1区5位と他の強豪高の選手には遅れをとっていますがそれでも1区6kmを19分54秒は流石です。

京セラの陸上部に行ったのも彼女の走りに光るモノがあったからですよね。

当時の日本陸上界では期待の星だった訳です。

同じ年代には資生堂に所属していた藤永 佳子(ふじなが よしこ)さん、長尾育子さん(現在の筑紫女学院監督)、セカンドウィンドACに所属していたルース・ワンジルさんなどがいる。

京セラに入ってからも2002年、2003年に世界ハーフの日本代表に選出されるなど実力をつけて行く。

10000mのタイムも2001年には31分48秒50を記録している。

そして2005年に出場した名古屋国際女子マラソンでいきなりマラソン初優勝を果たした(初フルマラソンで初優勝!)。

タイムは2時間24分19秒。

この成績が評価され世界陸上ヘルシンキ大会女子マラソン日本代表になった。

世界陸上本番では途中から先頭集団に付いて行けなくなったが最後まで粘って6位に入る(タイムは初マラソン時のわずか1秒遅れだった)。

この活躍の以後は怪我に泣かされるが約1年半ぶりのフルマラソンとなった2007年の大阪国際女子マラソンで自己最高の2時間23分48秒を記録して優勝し、またその年の世界陸上の代表になる。

しかしこの世界陸上大阪大会ではレース中に調子を崩し18位に終わる。

その後の北京オリンピック選考の過程では実力を発揮できず代表入りは叶わない。

2009年の世界陸上ベルリン大会も国内選考レースの大阪国際女子マラソンで3位になり選考から漏れてしまう。

同年3月に京セラを退社し地元栃木に帰郷。

その後は自分ひとりでロンドンオリンピックを目指してトレーニングを続けるが、2010年に小出義雄率いるユニバーサルエンターテインメント(佐倉アスリートクラブ)に移籍。

同年の北海道マラソンに優勝して復活をとげる。

しかし、それからは座骨神経痛を発症して悩まされ2013年にユニバーサルエンターテインメントを退社。

それからもゲストランナーとしてマラソン大会に出場したりマラソンクリニックの講師をしていたが、関係者の話では最近は「派遣社員をやっているみたいだった」と言う。

家族の証言から去年結婚した相手と入籍せず別れており、そんなこともあって悩んでいたのかも知れないとも。

しかし、今回の事件で彼女が逮捕されてから分かった事実がある。

それは彼女が現役時代から摂食障害で悩んでいたこと、それを誰にも打ち明けることが出来ずにいたこと。

最近の研究によって摂食障害と万引きは切っても切れない関係にあることが分かっている。

一種の精神障害と言えるが、自制することが出来ない。

選手だった当時、病院で摂食障害治療を試みたこともあったそうだが時間的制約から続けることが出来なかったようです。

万引きが常習性を持ったのがいつなのかは分からないが、彼女の場合は摂食障害のストレスが引き金になった可能性があります。

あるいはその延長線上で生活上の他のストレスが引き金になったのかも知れないが、専門家の見立てでは「摂食障害による万引きの典型」だそうだ。

このようなケースは万引きする際、周りの状況が見えないので犯行が大胆になる傾向があるそうです。

このような精神疾患性の万引きなどを専門的にはクレプトマニア(窃盗癖・窃盗症・病的窃盗)と言うそうです。

その原因はうつ病や性的虐待・性的葛藤との関連づけが試みられており、摂食障害や月経等との関係が注目されている。

一般に「盗癖がある」窃盗常習犯は意思欠如型の精神病質はあるものの、その動機は経済的なものであることがほとんどであり、このクレプトマニア(窃盗癖・窃盗症・病的窃盗)は経済的動機が無いことが特徴的なそうです。

彼女のような真面目で周りにも気づかいが出来るようなタイプの人がなるケースが多いし、また一般的にも言われるように女性の方が多いようです。

彼女は取材に対して「現役時代、過食で体重が増えるので、吐いて体重が増えないようにしていたが、体重が減ると調子が良く成績が出たので怖くて止められなかった」と話しています。

当時の指導者や同僚はこの話を聞いたらどう思うでしょう。

前から女子の陸上長距離はこの様な摂食障害や月経などいろいろな問題が指摘されてきたが、選手として一番頑張っていた人がやがてこんな犯罪に手を染めてしまうという現実を今一度考える必要があるかも知れない。


人気ブログランキング



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィメンズマラソン (ハルキ文庫) [ 坂井希久子 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/8/23時点)









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小出義雄のマラソンの強化書 初・中級ランナー向け [ 小出義雄 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/8/23時点)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。