存立危機事態

政治・国際情勢
08 /11 2017
グアム近海に向けてミサイルを撃つって北朝鮮が言っている件です。

これに対して日本の自衛隊も動くかも知れません。

小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で「北朝鮮が米領グアムを狙って弾道ミサイルを撃った場合、集団的自衛権を行使できる“存立危機事態”に認定し、自衛隊のイージス艦が迎撃することは法的に可能」と答弁。

存立危機事態って何だろうか?

安全保障関連法の中で定められている集団的自衛権を行使できる事態の一つ。

武力攻撃事態等及び存立危機事態における我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全の確保に関する法律

上記の条文の四番目に次のような項目がある。

存立危機事態 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態をいう。

小野寺五典防衛相は「米側の抑止力、打撃力が欠如することは、日本の存立の危機にあたる可能性がないとも言えない」とも言っている。

グアム島にはアメリカのアンダーセン空軍基地があり、北朝鮮に対する抑止力の中核を担っている点を踏まえての答弁だ。

また北朝鮮が「島根県、広島県、高知県の上空を通過し、グアム島周辺の海上に落とす」と予告しているため、名指しされた3県付近への地対空誘導弾パトリオット(PAC3)展開についても言及している。

実際に北朝鮮がグアムを狙ってミサイルを撃った場合、日本上空と言ってもかなり上空を通過するはずで、そうなると実際にミサイルを迎撃するのはイージス艦から発射する海上配備型迎撃ミサイル(SM3)になると考えられる。

しかし、現在日本がイージス艦に配備されているSM3では射程距離など性能的に足りない可能性もあるので微妙ではある。

もちろんアメリカもSM3は持っているし、もうちょっと性能は良いものなので、日本がやる必要もそんなに無いはず。

もちろん数撃てば迎撃出来る確率は上がるが…

日本はただ北朝鮮が失敗したミサイル(故障とか)が落ちてくる場合だけ考えてPAC3を配備すればいいが、数がそんなにないので配備する場所が問題になる。

グアムのアンダーセン空軍基地には最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が配備されているが、アメリカ国内でも今回迎撃するかどうか意見がまとまっていない(北朝鮮も宣戦布告している訳ではないし、迎撃に失敗する可能性がある為)。

2年前に安全保障関連法の国会審議が行われたときは、このような事態はほとんど議論されなかったが、当時はまだ今のような事態を誰も想像できなかったのでしょう。

しかし、今年に入ってからも情勢はかなり変わってきている。

なぜ北朝鮮が、資金も限られた状況下で、短期間にこれだけの技術的進歩を遂げることができるのかについては、分からない点が多いが、ロシアの技術的助力があるのではという見方もある。

そのような見方をすると、もう一つ気になるのがSLBM「北極星1号」の存在だろう。

先月、複数の米国防当局者が「北朝鮮が潜水艦を自国から約100キロ離れた日本海で、48時間連続で航行させている」と言及している。

これらは当初、ロメオ級潜水艦だと思われていたが、航行時間が長いことからSLBM搭載用として新開発された新浦(シンポ)級潜水艦である可能性が疑われている。

これが本当なら、北朝鮮はSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)によるアメリカ西海岸の攻撃が可能になったと考えることも出来る。

そうなるとこの北朝鮮の潜水艦にどのように対応していくかという話になる。

先の存立危機事態の考え方から言うと、日本海を通ってアメリカ西海岸に向かう北朝鮮のSLBM搭載型潜水艦をなんとかしなくてはならない。

これが出来るのは日本の海上自衛隊の潜水艦や哨戒機なのだが…しかしこれも非常に微妙な話なのだ。

アメリカを攻撃するであろう北朝鮮の潜水艦は確かに日本海を通る。

しかしそこを通過する潜水艦が本当にアメリカを攻撃することを目的として航行しているのかどうかはそんなにすぐ判るものではない。

下手に先制攻撃して潜水艦を撃沈しても、北朝鮮に日本を攻撃する口実を与えてしまうのは危険なことだ。

かといって目の前を航行している北朝鮮の潜水艦を見逃す手もないでしょう。

グアムを狙っているICBMについても日本が「撃ち落とす可能性」を示唆したことは、日本がアメリカと共にあると北朝鮮に今まで以上に印象付けたことになる。

もちろん北朝鮮以外に日本を非難する国は無いとは思うが、北朝鮮による日本に対するリスクは高まったと言えそうだ。

ちなみに北朝鮮は「グアムの主要軍事基地を制圧、けん制し、米国に厳重な警告信号を送るために中・長距離戦略弾道ロケット『火星12』型の4発同時発射で行うグアム包囲射撃方案を慎重に検討している」と発表しているので、これをただちに攻撃と捉えてしまうのは違うという意見もあるでしょう。

一方で“包囲射撃”と言っても場所がグアムなので、いままでとはレベルが違っている。アメリカにとっては耐え難い話だ。

どちらにしても事態は急速に緊迫してきているし、日本もやはり当事者なのだと今更のように感じてしまう。

存立危機事態、どう考えますか?

私にはアメリカに媚びているようにしか見えないが、このような話をするしかないのが今の日本の立場なんだなって思う(この前、護衛艦がアメリカの補給艦を護衛した件と同じく)。

海上自衛隊のイージス艦は実際問題アメリカ第7艦隊の一部だから、こう言うしかない。

お盆休みに入る前にこんな話、本当に嫌ですね。

今晩も気温が下がらず寝苦しい夜ですね。

明日朝からトレーニングしたいので寝なきゃならないのですが、世界陸上も見たい。

サニブラウンが決勝走るまで起きていようか?

北朝鮮問題はもうそこにある危機なのに、やはり現実感がないですね。


人気ブログランキング






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

丸 2017年 09月号 [雑誌]
価格:1279円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

軍事研究 2017年 09月号 [雑誌]
価格:1230円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)


スポンサーサイト