世界陸上のマラソン

マラソン・陸上競技
08 /10 2017
ロンドンで行われている世界陸上のマラソンは仕事で見れませんでした。

他の競技は眠いのを堪えながら必死で見ていますが…

マラソンは後で結果を見ました。やはり惨敗ですね。

男子は川内と中本が9位、10位と惜しい順位でしたが満足できる結果ではない。

女子はやはりもともとの力の差を見せつけられるレースだったみたいです。

後で動画を見たが、途中のペース変化について行けず、足が最後までもっていない。

35kmぐらいまで踏ん張った清田もゴールタイムは2時間30分36秒で16位だ。

まあ、優勝したケリモが2時間27分11秒だからかなりタフなレースだったのは間違いない。

しかし、だからこそちゃんと走れたら入賞も狙えたと思う。

そう考えたら、実力の差なんだなって…

スピードもないが経験もそんなにない選手には無理な戦いだったんだなぁって納得。

そう、だから男子マラソンの川内優輝が輝いて見えた。

転んだり看板に当たったり給水取れなかったりアクシデントを乗り越え終盤に追い上げ9位まで行った。

昔から日本人が好きな根性ってやつか、あるいは経験を積んだ彼だからこそだったのか。

最後のレースだということで力を振り絞ったのか。

中本健太郎もかなりバテバテだったが10位で終えている。

経験のある2人が入賞ギリギリのところまで行った。

この2人はスピードだけでは世界に通用しないが、他の何かを持っている。

マラソンに大切な何かをもっている。

それにこの2人はライバル同士だが今回は戦友としてお互いを意識して走ったんだなって思った。

スピードはないが地力がある2人だからこその走りだったんだな。

井上大仁はまだこれからの選手だから今回の2時間16分54秒で26位という結果はまだ評価するのも可哀そうだ。

今回学んだことがいっぱいあるでしょう。

男子マラソンで優勝したケニアのキルイのタイムは2時間8分27秒。

日本人選手でもともと2時間6分台で走れるような選手がいたらメダルも可能な話じゃないかと…

それでなくても、今回銅メダルのタンザニアのシンブ選手は去年のびわ湖毎日マラソンで北島寿典選手に負けています。

そう、だからひょっとしたら川内優輝だって、中本健太郎だってもっと頑張ったら勝てたかも知れない。

もうちょっと条件が違ったら、もしもっとコンディションが良かったら…

そこのところを分かっているから瀬古さんが川内の引退を残念がるんだな。

今、国内にこれくらい走れる選手が他にいないから。

スピードも必要だけどメダルを目標にするんだったら他の何かが必要になる。

ちなみに今回の男子マラソン、最後の2.195kmのタイムが全選手中で最速だったのは川内です。

マラソンってやっぱり面白いよなぁ。シンドイけど。


人気ブログランキング



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ナイキ ズーム フライメンズ ランニングシューズ マラソン NIKE
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)






9月に向けてちょっとヤバイ雰囲気

政治・国際情勢
08 /10 2017
ここ数日のニュースを見ていると「これはちょっとヤバイかな?」って感じです。

なんの話かって、もちろんNORTH KOREA(北朝鮮)情勢です。

いよいよアメリカが本気で仕掛けようとしているような…

北朝鮮も相変わらず強気な姿勢を崩していないが、これは見かけだけでしょう。

もちろんまたICBMの打ち上げは強行するとは思うが、もう1度やったらそれが最後となるでしょう。

今度はグアムを狙うなんて言っちゃっていたが、それをやったらさすがにアメリカもただでは済まない。

日本の真珠湾攻撃みたいに、それをキッカケにアメリカは北朝鮮に全力で総攻撃するでしょう。

それは局地戦なんていう生やさしいモノではないでしょう。

そう考えると準備にはもう少し時間がかかるのではないでしょうか?

しかし、そうなると北朝鮮にも時間を与えてしまうので、日本国内とかアメリカでのテロも心配です。

どんな事態が待ち受けているのか予測もできないので普段の行動も細心の注意が必要かも知れません。

しばらくは都心部の繁華街には出掛けないほうがいいし、公共交通機関も気を付けたほうがいい。

北朝鮮もバカではないので極端なテロ攻撃は無いかも知れないが、心構えは万全にしておこう。

まだ水面下の戦いが続いている段階なので日本国内で大事件が起こる可能性はまだ低い。

しかし各国の工作員などの動きは活発になっているようです。

一般の市民が何らかの工作活動に利用される事態もあるのでそんなことにも注意したい。

自分の仕事が社会的に大きな影響を与えてしまうような仕事をしている場合も同様です。

アメリカの北朝鮮攻撃が実行された場合、その後のことも心配です。

アメリカ以外の国、たとえば中国とかロシアがどのように出てくるかが今のところ読めない。

最近、北朝鮮のミサイルの性能が向上した裏にはロシアの影があるし、中国も本当の事は言っていないでしょう。

日本は日本で出来ることを模索しているとは思うが、社会的にどんな影響があるか分からない。

株価や為替にはかなり影響するだろうし、国際的な相場はどんな分野であっても影響があるでしょう。

核攻撃とか極端な事態は無くても自分の生活を守る為に出来ることはやっておきたい。

最悪、電話とかスマホとかPCとかIT機器類は使えなくなるかも知れないし、銀行とかクレジットカードも同様です。

流通インフラが何らかの影響を受けた場合、買い物もできなくなるような事態も考えられます。

書いていて気分が滅入ってきました。現実感がない…

最悪の事態はなんとか回避して欲しいが、この危機は決着がつかないと過ぎないんだな、きっと。

そう考えると今までの普通の暮らしが危なっかしい均衡の上にあったことを改めて思い知らされた気がします。

こんな情勢の中で健闘している今の日本政府とか安倍首相を嫌がらせみたいに攻撃している野党とかマスコミって…

なんかそう考えると本当に不甲斐ない。

テロにしても戦争にしても本当に人が死ぬ。

自然災害と違うのはどちらも人の手によって人が死ぬ。

そして組織的にそれが行われる。

そして人はたくさん死ぬ。そして地獄絵図が出現する。

日本人は、あるいは自分はこの事態にどう向き合えばいいのか。

今さら出来ることは自分や家族、大切な人を守ること。

いざとなったら出来ることはそんなにないよな。

やっぱり現実感ない。どうしよう。


人気ブログランキング


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAS都市型サバイバル
価格:1944円(税込、送料別) (2017/8/10時点)








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国家の危機管理 実例から学ぶ理念と実践 [ 伊藤哲朗 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

定本危機管理 我が経験とノウハウ [ 佐々淳行 ]
価格:2484円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)


核シェルター欲しいな!

日記(雑記)
08 /03 2017
北朝鮮のICBM(大陸間弾道弾)とか核の話がニュースになっていますが、

日本って核攻撃があったとき避難する所ってないですよね。

国の政策としても自衛隊のPAC3とか迎撃の為の努力はしているようですが、

防護の為の努力は今のところ手薄です。…というか無いも同然です。

地方自治体などでもシェルターを用意しているなんて話は聞いたことがありません。

民間においても聞いたことがありません。

一部の政治家が政策的提言はしているようですが、いつ実るのか分かりません。

都会の中心部だったら地下街に逃げ込むとかすれば一時的になんとかなる可能性はありますが、

ライフラインなどのインフラが破壊されたら、放射能汚染とともにその後の生活を脅かすでしょう。

テレビの報道番組などで「Jアラートの警報を受信したら、直ちに近くの頑丈な建物や地下に避難してください。また、近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守って下さい。 なお、屋内にいる場合には、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動して下さい」といった緊急対応の要領を説明していることはあります。

でも実際、ミサイルが飛んで来たり核爆発があったらとんでもない状況になることだけは分かります。

そして今このような事態に対し備えが万全に出来ている人は多分いないでしょう。

日本の核シェルター普及率は0.02%なんだそうです。

スイスやイスラエルは100%、ノルウェーは98%、アメリカは82%、イギリス67%、シンガポール54%、お隣の韓国は家庭への普及率は高くないようですがソウル市内だけは公共の施設への普及がかなり進んでいて323.2%の確保率だそうです。

現在の日本人のかなりの人々は、“戦争”とか“核兵器”とかそういったものに対して思考停止してしまっていて、備えるといった心構えも持とうとしません。

自分も日々の生活の中でそんなことを考える余裕はありませんでしたが、今ここに至りちょっとは考えるようになりました。

織部精機製作所(神戸市)は日本では少ない核シェルター製造を行っている会社ですが、同社によると日本国内で家庭用シェルターを購入する人の8割がお医者さんなんだそうです。

所得が高いことに加えて放射能に対する知識があり、危機意識を持っているからだそうです。

家を建てるときに新築の場合は基礎部分を活用して設置するため、建設費に1,000万円ほど上乗せすれば設置できるそうです。

一から地中に建設する方法では約2,500万円の建設費かかるそうです。

核攻撃がなければ無用の長物ですが、イザとなったら頼りになるでしょう。それに他の災害に対しても有効なことは言うまでもないことです。

でもこんなこと考えなくてはならない時代ってとんでもないですよね。

出来れば攻撃があるときは爆心地から離れたところに最初から逃げているのが一番でしょう。それが出来ればですが…

でも自分の生活の場はそんなにすぐに変えることが出来ません。

1年なり2年なり海外に逃れるとか、危機感が高まったら何か月か旅行に行くとか、お金があれば選択肢も広がる筈ですが、その選択肢の一つとして核シェルター購入ってあってもいいと思います。

社会インフラとか政策的な防護対策が無い以上、個人の努力でなんとかしないと…

と言ったところで、貧乏人には打つ手なしですね。

せめてNBC防護服ぐらい買っておこうかな。


人気ブログランキング



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NBC 不織布 防護服バリアーマン P3040 (50着入)
価格:25200円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NBC 不織布 防護服バリアーマン P3050 (50着入)
価格:37440円(税込、送料無料) (2017/8/4時点)