水谷隼カレー 銅メダルバージョンは?

厳選食品・安心食品
08 /30 2016
水谷隼カレーってかなり話題になっているみたいです。

ちなみにオリンピック期間中は自主的に発売を自粛していたそうです。

そう、このカレー、卓球の水谷隼選手が監修して出来た商品なんです。

販売元は神奈川県の平塚市にあるフリーデンという食肉加工会社。

同社の関係者が水谷隼選手と知り合いだったのが縁で2013年にスポンサー契約を結んだそうです。

この水谷隼カレーが商品化され販売されたのは2015年3月のことらしい。

理由は単純に水谷選手がカレー好きだったからだそう。

スポーツ選手でカレー好きな人ってけっこう多いでしょうね。

イチローもそうだし、マラソンの川内優輝もそうだし、っていうかカレー嫌いな人探す方が大変かも知れないけど。

キャッチコピーは「お口に広がるスマッシュ級のおいしさ!」

国産のやまと豚と大きめのニンジン、ジャガイモを煮込んだポークカレーです。

水谷選手自身がブログで「濃厚な少し辛めの大人の味」と紹介しております。

東京オリンピックを目指して新味を開発中らしいですが、その前に「銅メダルバージョン」が出るみたい。


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

オリンピックって4年間待たなきゃならないんだよね

厳選食品・安心食品
08 /30 2016
タイトルとカテゴリと本文がまったくリンクしてないんだけど…

さっき夜のニュース番組を見ていて思いました。

リオで活躍した吉田沙保里、三宅宏実、星奈津美の3選手が出ていました。

アナウンサーとかが「4年後は…」とか聞くけど、選手はどんな気持ちで聞いてるんだろう。

ちなみにこの3選手にとっては年齢的にもきついだろうなって思いました。

でも地元開催のオリンピックって気持ち的には出たいだろうなァ、でも現実はそんなに甘くないしなァ…

テレビで観戦しているだけの一般視聴者にとっても4年って長いけど、選手にとっての4年ってどんなものなのかな。

自分もマラソン大会に出るために仕事の合間を縫ってトレーニングしてるけど、暑い夏の時期には本当に辛い。

でも寒い真冬のトレーニングもきつい。

そして大会当日もかなりきつい。

また5000mの大会なんかはまた違う辛さがある。

そして長い距離を走るトレーニングよりインターバルなどのスピードトレーニングがまたキツイ。

もともと根性が無い自分は自分一人でやっているとすぐ手を抜いてしまう。

だからマーメイドジャパンのトレーニングを聞いたときは「自分には無理!」「特殊部隊かよ!?」と思いました。

世界でメダル取るってやっぱりスゴイことなんだな。

こんなに頑張っている人達がいるんだから、自分ももっと頑張ろうかな。

レベルは全然違うけど自分は自分なりのメダルを目指して頑張ろう!

東京オリンピックが開催される4年後は自分はどうなっているんだろうなァ?


人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。