2016/09/16

MYSTERY RANCH ミステリーランチ SCREE スクリー バックパック

こちらも魅力的なバックパックですね。

MYSTERY RANCH ミステリーランチ SCREE スクリー バックパック

ミステリーランチと言ったら自分なんかは3Day Assault スリーデイアサルトを思い浮かべてしまうんですが、他にもいろんなラインがあるんですよね。

SCREE スクリーのミステリーランチでの位置付けは”中型のテクニカルデイパック”。

SCREE スクリー は、RUSH ラッシュ の進化版みたいです。

RUSH ラッシュより容量は38Lで2L程増えています。

でも見た目はそんなに大きく見えないんですよね。3Day Assault スリーデイアサルトの方が大きく見えるかも…

上部からもフロントからもアクセスできる3ジップアクセス「テクニカルY字ジップ」、背面長を無段階で調整できる「フューチュラヨークシステム」などミステリーランチの特徴的な機能を備えたこのモデル。

もう一つ特筆すべきなのがフレームです。

ADVEBTURE FRAME(アドベンチャーフレーム)といって部材に航空機グレードのアルミニウムランバーステイが採用され、27kgまでの荷物を快適に担ぐことが出来るというもの。

これだけの重量を担いでもフレームが身体の動きに合わせて柔軟に旋回し、さらに崩れることなく安定しているという。

重くても背負えるバックパックを作ろうとすると自重を重くして頑丈なフレームにすればそれなりのモノはできる。

しかしSCREE スクリー は38Lの容量を持ち、420Dの丈夫なRobicナイロン生地を使用し、 アルミニウムフレームまで搭載しながら、自重1.42kgを実現しています。

またSCREE スクリー はウエストベルトが本体のフレームとダイレクトに結合しているので、ベルトを締めこむだけでフレームにかかる荷重を腰の位置で支えることが出来る。

上部には2つのポケットがあり使い勝手がイイし、サイドのエルゴノミック ボトルポケットも程よく伸縮して頑丈そうです。

実によく考えられてデザインされたバックパックです。さすがはMYSTERY RANCH ミステリーランチです。

カラーバリエーションも4カラーあって選びがいがあります。

サイズ:約55cm × 28cm × 18cm(M)

重量:1420g

容量:38L


人気ブログランキングへ









スポンサーサイト
2016/09/16

アンドワンダー and wander 40L & 30L バックパック

久しぶりにバックパックのご紹介。

アンドワンダー and wander です。

たまたま仕事の休み時間に同じテナントのセレクトショップに置いてあるのを見に行きました。

前からすごく軽くてとても使い勝手が良さそうなので目をつけていたんですが、実物を見てまた惚れ込んでしまいました。

40Lの容量があるのに自重は725gの軽さ(付属品を付けても1kgいかないか?)。

自分が今愛用しているOMM クラシック 32L も700gぐらいだからいい勝負なんですが、耐久性とかどうなんだろうか?

このアンドワンダー and wander のバックパックには他に30Lとか20Lのタイプもあります。

同じお店に30Lのモデルは置いてあってので試しに背負ってみましたが、こっちもイイ感じでした。

30Lのモデルは625gでデザイン的にはこっちの方がスッキリしてます。

お好みで、また用途によって自分に合うタイプをチョイスしてみるといいと思います。

自分はどっちも気に入ったので店員さんにそう言ったら苦笑されました。

40Lも30Lも(あるいは20Lも)、このアンドワンダー and wander の特徴は素材です。

超高密度ナイロンオックス生地で全体が作られていて、それゆえのこの軽量性、そして極薄なのに強靭という素材特性が売りです。

通常PUコーティングの6倍も劣化に強いポリカーボネートコーティングを施しているので生地は長持ちで耐水圧2000mmの防水性もあります。

でもってデザイン的にもすごくお洒落ですよね。

雨蓋部分は取り外してマップポケットとしても使用できます(その場合は胸の位置に付ける)。

また特徴的なナナメに入ったフロントジップは下まで開くことが出来るので、パックの奥の方に入れた荷物にもすばやくアクセスできます。

40Lや30Lなら旅行や登山、キャンプなど幅広く使用できるサイズ感です。

でもって女性にも大きすぎない丁度いいサイズで、30Lだったら仕事とかお買い物なんかにもイイ感じです。

背負った感じも重さを感じさせないストレスの無いものでした(これはデザイン的なものでしょう)。

アンドワンダー and wander は2011年に池内啓太さんと森 美穂子さんがスタートさせたブランドですが、デザイナー自身が山に行きテストを繰り返し作られる本格的な機能性と、パリコレで培われたトレンド感が融合された点も評価されています。

ウェアや小物など他にもいろんな商品があるのでぜひぜひ自分に合ったアイテムを見つけて下さい。


人気ブログランキングへ












2016/06/18

5.11Tactical 5.11タクティカル RUSH24 ラッシュ24 バックパック

5.11タクティカル ラッシュ24

過酷な状況に耐えうる製品を軍関係、法執行官に提供する5.11タクティカルのバックパックです。

前にご紹介したRUSH72 ラッシュ72は72時間のミッション(つまり3日間)を想定したバックパックでした。

そしてこのRUSH24 ラッシュ24は24時間以内のミッションを想定したもの。だから1泊旅行にも適しています。

VTAC社所属の特殊部隊退役軍人、Kyle Lambによるデザインで、戦闘時に必要な機能・耐久性などを実現しています。

前面、側面の3方向にPALSウェビングを備えMOLLE対応のアクセサリーを好みのポジションに追加可能。

肩や背中に当たる部分には圧迫感を軽減するパッドを備え、背面のパッドは分散して配置することでムレを軽減しています。

素材には、耐摩耗性に優れ防水加工の施された1050デニールナイロンを使用。

多数のポケットやオーガナイザーがあり、収納力はさすがと唸るほど。

ラッシュ72もそうだったが、このRUSH24 ラッシュ24も24時間ミッション用と言いながら印象としてはその倍ぐらいの容量です。

だから他のブランドの3DAYSぐらいってことですね。

実際、このバックパックの容量はカタログスペックでも33リットルです。

サイズは約51×30×18cm


人気ブログランキングへ











5.11 RUSH24 バックパック
価格:26784円(税込、送料別)


2016/06/16

TRU-SPEC バックパック GUNNY TOUR OF DUTY LITE

映画「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹を演じたロナルド・リー・アーメイの愛称である「GUNNY”ガニー”」の名を冠したこのバックパック GUNNY TOUR OF DUTY LITE。

これもTRU-SPEC バックパックですが、独特のマルチカムブラックのカラーが選べます。

アメリカのAtlanco社が製造するブランド TRU-SPECの多機能バックパックは米軍や法執行機関でも使用されている。

ローエンフォースメント向けのマルチカムブラック迷彩はまだそんなに見かけないので自慢できるかも知れない。

生地は500デニールのコーデュラナイロンです。

サイズ(外寸) 約415×385×160mm

フロントポケット(上部) 約120×195×35mm

フロントポケット(下部) 約210×230×35mm

容量は27リットル程

フロントにはファスナー式のポケットが2つあり、上部のポケットにはベルクロで取り外せるGUNNYのワッペンが付属している。またベルクロ(メス)が付いたMOLLEウェビングが2列あります。

フロント下部のポケットにもMOLLEウェビングがあり、ポーチ等の装備を追加可能です。またこのフロント下部ポケット内部にはファスナーポケットがあり小物等の収納に便利です。

サブ収納内部にはペンポケットが2つとメッシュポケットが2つ、オープンポケットが3つあり、キーチェーンも付いています。

大きなメイン収納部にも大小のポケットが備えられているため色々なモノを整頓できるし、ハイドレーションにも対応してます。

両サイドには計5つのファスナー式ポケットを装備していて携帯・スマホ等を収納出来ます。お菓子や非常食などを入れてもイイ。

また、ショルダーストラップ部分にもポケットとMOLLEウェビングを配しており、これも便利です。

バッグ背面、ストラップともにメッシュ素材が使用されているため、蒸れにくいので夏の暑い時期にはイイです。


人気ブログランキングへ












2016/06/15

スミス&ウエッソン Smith&Wesson S&W バックパック インターセプトタクティカル

スミス&ウエッソン Smith&Wesson S&W バックパック インターセプトタクティカル

多数の収納を備えたS&W M&Pのロゴ入りバックパックです。

アメリカのアレンカンパニー社がライセンスを受けて製造しているスミス&ウェッソン M&Pのロゴ入りバックパックです。

スミス&ウェッソンは1852年にホーレス・スミスとダニエル・B・ウェッソンによって設立された銃器メーカー。

初期に製造したS&W リボルバーNo.1、No.2は坂本竜馬が愛用したことでも知られている。

現在、銃器の他、ナイフや手錠の多くがアメリカの各種公的機関、ロウ・エンフォースメントに採用されているが、サングラスやバッグ、小物などのブランドとしても知名度を上げている。

ちなみにアレンカンパニー社は主に狩猟用バッグパックやライフルケースなどを製造している会社です。

このスミス&ウエッソン Smith&Wesson S&W バックパック インターセプトタクティカルの収納は以下の通り。

上部にジッパーポケット×1。メイン収納内部にはジッパー付メッシュポケット×1、大ポケット×1、。フロント上部にはジッパーポケット×1。フロント下部収納内部にはジッパーポケット×1、ポケット×1。側面には小型のジッパーポケット×4。

背や腰が当たる部分やショルダーストラップには通気性の良いメッシュ素材を使用したクッションが入っている。

ハイドレーションシステムにも対応しており、メイン収納上部分の穴からチューブを出すことが可能です。

バッグのフロントと底の部分にはMOLLEウェビングが配されMOLLE対応のポーチなどを追加できる。

また上部と両サイドにキャリーハンドルが付いているため手で持ち運ぶことも可能です。

外寸 約47 × 37 × 26.5cm

メイン収納内寸 約47 × 31 ×16.5cm

フロント収納(上部)内寸 約15 × 23 × 3.5cm

フロント収納(下部)内寸 約27 × 26.5 × 7cm

サイド収納内寸 約14 × 12 × 3.5cm

素材は600デニールポリエステルです。


人気ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。